バストの形を綺麗に保つためには?

バストは大きさも大切ですが、その形やシルエットも非常に大切です。理想はバストトップが二の腕のちょうど中心にくるような、ツンと上向きのバスト。そのためには、日常の生活の中でちょっとしたことに気をつけて暮らす必要があります。

まず、バストを垂れさせないために『クーパー靭帯』を守る必要があります。クーパー靭帯は乳腺のように胸の中に存在しており、バストの形を保つ役割を持っていますが、一度切れてしまうと復活することがないと言われています。

そのため運動時はスポーツブラを着用する・なるべく胸を揺らさないように生活する・きちんとサイズのあったブラジャーをつける、といった注意が必要になります。カップ付きキャミソールなどの多用もクーパー靭帯の損傷につながるので、なるべくなら控えた方が良いでしょう。

また、バストは主に脂肪で出来上がっているので、適度なマッサージを施すことによってシルエットを美しくすることが出来ます。背中や二の腕の脂肪を胸へ移動させるようなイメージでマッサージすると、バストがふっくらと整ってきます。土台づくりのために、大胸筋を鍛えるような軽い筋肉トレーニングを採用するのも有効です。
このようにいくつかのポイントを忘れずに日常生活に組み込んでいけば、バストの形は綺麗に保つことが出来ます。出来ることからコツコツと、いつもお生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめのバストアップクリーム

バストを垂れないようするためにはハリを高めることも必要です。バストアップクリームならば脂肪となる細胞を増やしやすくする作用があるため、ふっくらとした感じを出しやすくなります。

参考:http://www.unionbasque.com/cellnote